安城整体院

 〒446-0065 愛知県安城市大東町24-31
JR「安城駅」北口徒歩約15分 明治用水会館北60m 駐車場2台 予約制

ご予約・お問合せはこちらへ

0566-93-2208
施術時間
10:00~19:00
休業日
 水・木曜(土日祝営業)
更年期障害改善

【安心と信頼の施術実績37年】更年期のお悩み改善なら安城整体院

以下のような更年期障害の症状に当てはまる方、ぜひご相談ください!

  • 暑くないのに顔がほてって急に汗がでる...
  • 手足が冷える。とくに下半身が冷えやすい...
  • 運動をしなくても、動悸や息切れを感じる...
  • 寝つきが悪く眠りも浅いので、疲れがとれず体が重い...
  • ささいなことでイライラする/怒りやすい...
  • 気分が落ち込んでやる気がでない...
  • 夜ぐっすり眠れなくて朝から疲れている...
  • 肩こりがひどく、頭痛やめまいもする…

 

このような症状でお悩みの方は、安城整体院へご相談くださいませ。

 

安城整体院は、更年期障害を根本的に改善へと導きます。

 

自律神経にはたらきかける成瀬式整体が更年期障害の改善に自信をもつ2つの理由

理由①:首と骨盤を調整して身体のゆがみを整える

更年期障害の改善に首と骨盤?

 

どんな関係があるのかと不思議に思われる方もおられるでしょう。

 

更年期障害は、自律神経失調症の症状のなかのひとつですので、自律神経の乱れを放っておくことはできません。

 

自律神経の中枢は脳と脊髄で、脳は頭蓋骨のなかに、脊髄は背骨のなかにあります。

 

頭蓋骨は背骨の上にのっていて、背骨の下には骨盤、背骨の上には頚椎(首の骨)があります。

背骨の下と上がゆがめば、頭蓋骨にもゆがみの力が加わります。

 

この頭蓋骨への微細なゆがみの力が、繊細な自律神経のはたらきを低下させ、あなたがもつ自己回復力の足を引っぱっている、と当院では考えます。

 

頭の重さは体重の約10%。体重50㎏の人だと、頭の重さは約5㎏になります。

身体のゆがみで、首が前に傾くほど首にかかる負担も増えることになります。

 

それは、11ポンド(約5㎏)のボーリング球を片手でもち上げるのと同じこと。

その物理的ストレスが、自律神経の乱れを引き起こしているとも考えられます。

 

首と骨盤が連動することでバランスを保っている身体は、首と骨盤をセットで調整するのがベスト。

 

「だるま落とし」を思い浮かべると、ご理解いただけるかと思います。

 

安城整体院の首と骨盤を調整する施術が、自律神経の乱れを整える効果をもたらすのです。

身体のゆがみは自律神経にも影響する

体重50㎏の人の頭の重さは、11ポンドのボーリング球とほぼ同じ

理由②:脳内のセロトニン量を増やす

脳科学の研究で、うつ病の方の脳内のセロトニン量は、健康な方に比べて少ないことが分かっています。

 

脳内のセロトニン量を増やすことが、更年期障害の早期改善につながります。

まず、ストレスにかかわる3つの脳内物質について説明させてください。

 

①天気や人間関係など外部からの不快にかかわるノルアドレナリン

不快なストレスによってノルアドレナリンが過剰になると、次のような症状があらわれる可能性が高まります。

・キレやすい

・イライラ

・うつ病

・パニック障害

・強迫性障害

・対人恐怖症

 

②食欲・性欲・金銭欲など人間の快にかかわるドーパミン

快が得られないストレスでドーパミンが不足すると、「食欲」や「やる気」などが低下します。

逆に過剰になると、過食症や依存症(アルコール・薬物・買い物・ギャンブル)などの症状があらわれてきます。

 

③人に認められないストレスにかかわるセロトニン

セロトニンは、不規則な生活や運動不足、頑張っても人に認められないストレスによって不足し、心を乱します。

 

セロトニンは、オーケストラでいう指揮者のようなはたらきをして、ノルアドレナリンとドーパミンの暴走をおさえ、心の平穏をたもちます。

 

セロトニンが不足すると、脳内のバランスが崩れるため頭痛肩こり腰痛不眠症耳鳴り/めまい不妊症パニック障害・うつ病など現代病の症状があらわれます。

 

安城整体院では、セロトニン量を増やすことで、あなたの更年期のお悩みを脳から根本的に改善へと導きます。

セロトニン活性療法の研究論文 学会誌『医学と薬学』

セロトニン活性療法の研究論文 学会誌『診療と新薬』

セロトニン活性療法がTV取材されました

更年期障害Q&A

Q.どんな人がかかりやすい?

A.まじめな優等生タイプの人や繊細で心配性の人など、ストレスを感じやすい人やストレスいっぱいの環境にいる人は要注意です。

Q.どんなことに注意すればいい?

A.ストレスをためないことが大切ですから、休養・運動・趣味の時間などをしっかりとることです。脳を興奮させるカフェインなどの刺激物も控えましょう。

Q.更年期障害と自律神経失調症の違いはなに

A. 自律神経失調症の症状のひとつに更年期障害があります。どの年代でもおこり得る自律神経失調症に対して、50歳前後の女性ホルモンのバランスの崩れやすい更年期におこる重い症状を更年期障害とよびます。

更年期障害とは

更年期とは、個人差はありますが50歳前後に訪れる閉経という節目をはさんだ10年間のことです。

 

この時期には、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が急激に減ってきます。脳の視床下部は、少なくなったエストロゲンの分泌を要求しますが、卵巣はその要求に応えることができません。

 

それを理解できない視床下部は、自分の存在を無視されたと勘違いして暴れだします。視床下部は自律神経の一部であるため、自律神経も騒動に巻き込まれて全身に不快な症状があらわれるのです。そのなかでも、著しく日常生活に支障をきたすほど重い症状のものを更年期障害といいます。

 

おかしいな?と思ったら、婦人科などを受診してください。血液検査で女性ホルモンの量や他に病気がないかが分かります。

更年期障害は視床下部の暴走

更年期にあらわれる代表的な症状

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減ってくると、体質・生活環境・精神状態などによって個人差がありますが次のような症状があらわれます。

 

肩こり、頭痛、腰痛、筋肉痛、関節痛、しびれ、骨折、疲れやすい、のぼせ、ほてり、汗をかく、顔面が赤くなる、不眠、イライラ、皮膚のかゆみ、動悸、息切れ、息苦しい、めまい、耳鳴り、ふわふわ感、胃痛、胃もたれ、吐き気、膣乾燥感、性交痛、不安感、神経過敏、うつ気分、食欲不振、気力低下、記憶力低下、子宮体ガン、乳ガン、不正出血、尿道炎、膀胱炎、尿漏れ、高脂血症、動脈硬化、心筋梗塞...

更年期障害は自律神経失調症のひとつ

更年期障害は自律神経失調症のひとつ

男性にもある?!更年期障害

女性の更年期障害がエストロゲンの減少で起こるのに対して、男性の更年期障害はテストステロンという男性ホルモンの低下によっておこります。

 

テストステロンは精巣でつくられ、20歳をピークに徐々に下がり始め40歳を過ぎるとどんどん低下していくため、幅広い年代で症状があらわれます。

症状は、女性の場合と大きな差はありませんが、テストステロンが低下すると太りやすくなりますので、つらい心身の不調に加えて理由のわからない肥満があるときは泌尿器科を受診してください。

 

Q.どんなことに注意すればいい?

A.テストステロンを刺激して低下を防ぐには運動が有効です。とくに太い筋肉を鍛えるのがおすすめです。他には、十分な睡眠とストレスケアが大切です。スポーツやゲームで勝負を競い合うのも良い刺激となります。

テストステロンは20歳から低下する

更年期障害のトリプルA

あせらない、あわてない、あきらめない。

更年期障害に苦しむ方の施術をしていると、「今すぐ何とかしてほしい!」という切実な思いがひしひしと伝わってきます。でも、正直いって今すぐ何とかはできません。

施術直後に一時的な効果をもたらすことはできるかもしれません。しかし、その状態を安定して維持する身体づくりを瞬間的におこなうことはできません。

 

これまでの生活習慣をみなおす/これまでの生活動作をあらためる

今すぐ容易にできることではありません。

 

いつになったら改善する?/いつになったら安定する?

そういった不安がわくのは自然です。

 

でも、「いつ」を特定することはできません。新しい習慣が身体に根づくまでには時間が必要だからです。でも、一度身につけば、それは生涯の宝となります。それをめざして一緒にがんばりましょう。

 

更年期障害のトリプルA=あせらない、あわてない、あきらめない。大切なことです。

施術の回数について

更年期障害の施術は何回くらい受ければ良いのでしょう?

更年期障害=各種ストレス×認知のゆがみ 

 

他の症状と比べて個人の差がひと際大きいのが、この症状です。「3~4回の施術で夜よく眠れるようになった」という喜びの声はよくいただきますが、本当に予測が難しいのです。

 

あえて言うなら、月に3~4回の施術を3か月間つづけた後の状態をみて次の判断をする、ということでしょうか。だいたい2か月目を過ぎたあたりから身体の変化を自覚していただけるケースが多いようです。

 

いたずらに施術を長引かせるつもりはありませんが、自律神経のバランスの安定にはある程度の施術回数が必要になることをご理解ください。

根本原因の解消から再発予防までを、複数回の施術で積み上げていきます

 

①:週1~2回の理想的なタイミングで施術をうけた場合のグラフです。

②:痛みや症状が出たときに施術をうけた場合のグラフです。

 

成瀬式整体は、自分で自分の身体を治そうとする力を強めて根本からの改善をめざす整体なので、1回の施術ですべてが完結することはありません。

 

根本から改善して健康を手に入れていただくために、7回を目安として通院していただいております。

 

※脳内のセロトニン分泌が安定するまでに、早くても2ヵ月半はかかります。

なぜ、7回必要なの?

7回であなたの身体の環境を整え、脳に記憶させます

「マッサージや接骨院に行ったけど、すぐに症状が戻ってしまった」

こんな経験ありませんか?

それは・・・
①間違った生活習慣が残っている
②間違った身体の使い方をしている
③“今の状態=正常”と脳が間違って認識している

これらの間違いを正して、身体を根本から改善していくためには、7回という施術回数が必要になってきます。
もちろん、すべての症状が7回でなくなる訳ではありません。ひとつの目安としてお考えください。

 

そういった考えで施術をおこなっておりますので、はじめから通う意思のない方のご予約はお断りさせていただいております。どうぞ、ご理解ください。

 

いつまでも通わないといけない?

ご安心下さい。7回での卒業も可能です

7回通ったところでお身体の状態が良くなっていれば、めでたくご卒業していただいて構いません。

 

体調が良くなっても、

  • この良い状態を保ちたい
  • あのつらかった頃には戻りたくない

こういった希望をお持ちの方も多くいらっしゃいますので、そういった方々は月に1回くらいの頻度で引きつづき通院されておられます。

 

生きている私たち身体は日々変化しています。普通に生活をしていても様々なストレスにさらされていますので、良い状態を保ちつづけるのはとても大切なことだと思います。

 

健康を当たり前のものとしていきたい当院としては、月1回のメンテナンスをお勧めいたしておりますが、継続通院しないといけないという訳ではありません。

成瀬式整体の料金

 

初回:9,000円(税込)

2回目から:6,000円(税込)

 

初回は、カウンセリングや検査に時間をかけるため、加算させていただいております。

 

更年期障害を良くしていくには、ほとんどの方が数か月の期間を要しています。その分の通院回数も多くなります。

そういった方の経済的負担を少しでも減らすために、1回の施術費が割安になるサポートプランも設けております。ご来院の際にお尋ねください。

 

 

初回限定価格

 

通常9,000→6,000円(税込) 3,000円OFF ! 

 

対象/条件

  • 初めての方
  • 毎月先着10名さま
  • 当日予約は対象外
  • 通う意思のない方は対象外

ご予約の流れ

電話予約は更年期障害改善の第一歩

ご希望の日時や症状などをお聞かせください。

安城整体院は笑顔でお出迎え
ようこそ!安城整体院へ。
どうぞ奥へお進みください。
腰痛の既往歴など記入
お身体に関してお困りのことをご記入ください。

お電話でのご予約・お問合せ

0566-93-2208

●施術時間 10:00~19:00

休業日 水・木曜(土日祝営業)

 

休んでもよくならない症状は、自分の力ではどうにもならなくなっているのです。

今すぐ、お電話ください。

画像をタップまたはクリックすると拡大表示されます。

お問合せ・ご予約

安城整体院へ電話予約
0566-93-2208

お気軽にお電話ください。
メールフォームでのお問合せ・ご予約は、24時間受付けております。

院長 成瀬大介

院長成瀬大介 安城市出身
  • 安城市出身
  • 昭和61年
    柔道整復師資格取得
  • 平成31年
  • セロトニン調律師資格取得

アクセス・営業時間

0566-93-2208
住所

〒446-0065 
愛知県安城市大東町24-31


JR「安城駅」北口徒歩約15分
(名古屋駅から新快速で24分) 
名鉄「北安城駅」徒歩約16分 

駐車場完備 予約制

施術時間

10:00~19:00

休業日

水・木曜(土日祝営業)